2013年5月26日日曜日

プロペシアとは?

ちまたでよく聞くようになった言葉です。ご存知の方も多いと思います。AGA(薄毛)に対して効果が確認出来ている薬です。
(あらかじめ(^_^;)男性のみへの効果ですので女性は絶対服用してはいけません それどころか健康なお子さんが欲しい人は触れない方が良いです。皮膚からの浸透ですら影響がある位ですので…)

毛が抜ける要因は様々ありますがこのプロペシアが効くのは男性ホルモンの影響によるものへの効果と考えます。(この後男性ホルモンをA.女性ホルモンをBと呼ぶ事にします。)
元々、男女ともにA&B双方を持っています。そのバランスが男性はAが、女性はBが多く持っています。
Aは頭髪の毛は抜けやすく、体毛が濃くなる。にきびが出来やすくなる。女性を守る。つまり男らしい( ´ ▽ ` )ノ遺伝子特徴があります。反対にBが多くなるととその逆の事が起きます。にきび予防のハイシーBメイトなどにもBを増やす効果が確認出来ます。
女性が年齢を重ねて閉経するとBが減りAのバランスが増えてくるので、毛が薄くなったり顔のウブ毛が増えたりするのもこれが原因です。

さてさて、ではなぜプロへシアは薄毛に効果があるのか?プロペシア自体、最初から薄毛対策として作った薬ではなく、男性の前立腺肥大を治療する為に作られた薬なのです。前立腺肥大とは、男性ホルモンの異常分泌による病気(あそこが大きくなり過ぎてしまうという事です(^_^;))その副作用で毛が生えてきたことが事の始まりです。そりゃそうですよね Aを減らす薬ですから…

という事は前立腺に異常が無い人が服用したら、あそこの元気がなくなるというプロペシアの副作用もうなずけますよね(^_^;)

日本で処方されるようになったのは2005年から。アメリカでは更に10年以上前から処方されていますが、特に騒がれる程の副作用は出ていないようですね…多くのお医者さんも服用している位ですし(^_^;)

気になる効果ですが、ほとんどの人が半年後には成果が出ているようです ただ、細かい事を言えば半年は飲まないと成果を実感出来ないようです。それには理由があって、髪の毛の元(毛根)にはサイクルがあるからです。
分かりやすくする為に、頭を商店街で例えましょう。

活気のある商店街は、閉まってるお店が少ないですよね。しかし、活気のない商店街はシャッターが閉まっていて寂しい感じ…
しかし、その商店街の近くに半年後新しいマンションが立ち並ぶ計画が(プロペシア投入 )閉まっていたシャッター街には新しい企業が参入計画 &現状ギリギリ営業していたお店も再起をかけてリニューアル工事に入る。あっちもこっちも工事中になりますよね〜
そして半年後一斉にオープン( ´ ▽ ` )ノ

つまり一旦抜ける時期があるという事です(^ω^)そこを乗り越えないと元気な髪の毛は作れないようです 気長に待ちましょう( ´ ▽ ` )ノ

0 件のコメント:

コメントを投稿