2013年3月24日日曜日

『教育』

本来、動物界の子ども教育は親がするものなんです。ライオンの獲物の捕り方、リスの木の実の食べ方、ラッコの貝の割り方など…
つまり、生き方を教えるのは『親』なんです。

人間くらいかもしれませんね。子どもの教育を人に任せているのは…
たしかに、全てを教えていたら生活費を稼ぐ事 時間がなくなってしまいますから。

本来自分がやらなくてはいけない教育を、教育機関の先生方に代わりにお願いしているわけです。

そう考えると、先生方にもっと責任をもってもらうのと同じ位に『感謝』すべきですよね。

そして親も、先生や政府に任せきりにするのではなく『本来は自分達がやらなくてはいけないもの』という認識を持たなくてはいけない 子どもをより良く成長させたいのならば、親もたくさんの事を『知る』必要がありますね( ´ ▽ ` )ノ

共育ですね( ^ω^ )

0 件のコメント:

コメントを投稿